読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろみS'eye's

氣仙ひろみが綴る咆哮の叫びを聴け!

20170131112103 20170131112102 20170131112104

【元FM府中イベント主催者と責任者!読め!】

提言


恥を知れ!ちくしょう。悔しい。こんな組織のために。同じ裁判所で、私だけで充分だ毎日新聞社の記事。違法承知でコピーします

女子大生殺人未遂:「今度こそ殺しに…一生、刑務所に」
検察官、被害者の供述調書読み上げ「被告を厳しく処罰を」
「(刑を終えれば)今度こそ殺しに来るかも。一生、刑務所に入っていてほしい」。東京都小金井市で昨年5月、芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(21)が、刃物で刺されて一時重体になった事件で、殺人未遂罪などに問われた群馬県伊勢崎市、無職、岩埼(いわざき)友宏被告(28)に対する裁判員裁判の初公判が20日、東京地裁立川支部阿部浩巳裁判長)で開かれた。午後の法廷で検察官は、被害に遭った冨田さんの供述調書を読み上げ、被告を厳しく処罰するよう求めていると指摘した。冨田さん自身も被害者参加制度を利用し、ついたてに囲まれた検察側の席で、午後の審理の一部を傍聴したという。

 冨田さんは首や胸、背中など計34カ所を刺された。調書によると、倒れた後も刺されないよう足を使って防御を続けたといい「信じられないくらい血が流れたけれど、心臓だけは守ろうとした」と述べている。

 事件の傷の影響で口の筋力低下やまひが起き、会話や食事にも支障が出ている。視野が狭くなるなどの後遺症もあるほか、心的外傷後ストレス障害(PTSD)とも診断されているという。

 調書で冨田さんは「普通の日常が変わってしまった。街を歩くだけで怖い。演技もできなくなり、ギターをこれまで通り弾くこともできなくなった。悔しくてたまらない」と吐露。一方で「歌まで奪われたくない」との思いから、週1日リハビリに通っていることも明かされた。

 代理人弁護士によると、冨田さんが法廷で意見陳述し、直接思いを述べることも検討されている。【蒔田備憲】

【小金井警察はDVを単なる夫婦喧嘩と一蹴した】

提言


末端の交番まで、縦社会と肩書や後ろ盾がモノを言う町。不手際じゃない。警察署の能力不足で防止できなかったと断言する。自衛は不可欠。


ライブハウスなどで歌うだけがアーティスト活動じゃない。ネットを駆使し、発信する手段はたくさんある。主催者にいち早く察知できるコミュニケーション能力があれば、小金井で、こんな事件発生しなかった。


誰もがリスク管理が甘かった。重なった結果だとしか言えない。

なんてステキな😍

徒然に

◯タ電機のポイントが1万円近くあり、明日で期限切れ。ほぼ無料で✌️30年ぶりのウォークマンゲット

広告を非表示にする
当ブログの著作権は、氣仙ひろみに属します。記事、写真、動画など、無断転載・二時的加工は禁じます