ひろみS'eye's

氣仙ひろみが綴る咆哮の叫びを聴け!

20170131112103 20170131112102 20170131112104

【被害者の感情〜小金井刺傷事件被害者を察する】

端的に申します。昨年5月に発生した小金井市内のストーカー事件。被害者が多大なるショックに音楽活動があります。賛否両論あるでしょう。チャリティーイベントを事件先ライブハウスで開催、イベント化にし、単なる金儲けの手段で利用するとしか考えられません。こんな組織のために心身病みながら邁進していたと考えると、情けないやら、申し訳ないやら、他方、こんな組織から離れて良かったと、腹の底からおもえました。


さて、イベントあと、金銭を被害者に渡すと申してますが、かえって困惑しますよ。歌も歌えず、ギターも弾けない中でライブで募金。よくやれますわ。相手の気持ちを考えてないね。もし私が親なら、お気持ちだけと返します。人として違います。イベント化の前に被害者に許諾が必須でしょう


私が被害者の親なら、厳しい叱責と、ビンタ等、手が出るかもしれない。自分の娘をこんな姿にしたんですから、許せない。親として当たり前の感情。自称癒し系と公言してますが、イラやし系。癒されませんね。上っ面のそういうの。伝わります。情けない。心底思い、退職して良かったとおもえました。

小金井刺傷事件〜主催者が被害者を応援するイベントを事件先で開催

‪小金井の刺傷事件先店舗で、被害者を励ます為のチャリティーイベントが開催されると耳にしたの。フリーズしたわ。


彼女の心身で耐えられないでしょう。まして、歌えない、ギターを弾けない。辛い状態の中、ライブで募ったお金を渡す。無神経すぎる。開催地で、現在の状態に見舞われたのよ


それに、どうやって彼女へ金銭授受するの?主催者が直接、手渡しするの、分からないですって。冨田真由さんのPTSDが悪化するんじゃ?強い嫌悪感が湧き上がりました。


その前に主催者として示談。相応の金額を払うなり、第三者を同席で示談の場を設けた方が良いでしょう。自己満足で精神的に悪化する可能性が高いイベントは開催すべきじゃないと思うんだ。

みなさんは、どう感じますか?ご意見をお待ちしています💫

皆様へ

日和も良くなり、野外、室内問わずイベント開催が近づいてますね。募金集めとしてチャリティーイベントなどが開催されます。

もし募金したい場合、収支報告はどうするのか、どこの団体を経由するのか確認が必須。

曖昧な回答などの場合は、見送った方が得策です。8割の情熱と2割の冷静さで見極めましょう❗️

広告を非表示にする
当ブログの著作権は、氣仙ひろみに属します。記事、写真、動画など、無断転載・二時的加工は禁じます